MENU

ミライデザインラボ

MiraiDesignLabo

小学生 学習コース

楽しく勉強できたらいいな。
をカタチにします。

学校の授業を楽しく受けて欲しい。
勉強が嫌いにならないように。
中学受験は考えていないけれど,遊んでばかりも心配。

ミライデザインラボがほんの少しだけお手伝いします。

少しでも興味をもってもらえたなら,まずはご相談ください。
電話予約:0566-89-4755

このコースは小学生を対象としたコースです。
算数苦手,国語苦手なみんなに注目してもらいたいコースです!

文章を読んだり,書いたりする。
日本語なのに案外難しいこと知っていますか。

>>参考:https://mdlanjo.jp/考えていることを言葉にしていく

授業料 月額10,000円(税込11,000円)
教科 算数/論理エンジン 週1コマ×60分~80分(月4回)
定員8名 木 or 金 16時30分~17時50分
入会金 12,000円(税込13,200円)入会時一括
年会費 12,000円(税込13,200円)毎年4月に1年分(中途入会は1,100円×月数)
教材費 理解度や進む速度によりますが,だいたい1年で5,000~10,000円ぐらいです。

※ご要望にお応えして1コマ最大80分とします。あわせて時間も変更になりました。

>>最新の授業料などはこちら

昨今では,小中学生どころか,大学生や新社会人ですら読解力が致命的なレベルにまで落ちていると言われています。
「AIvs教科書が読めない子どもたち」の著者である新井紀子先生(国立情報学研究所)の調査によれば,日本の中高生の多くは,中学校の教科書の文章を正確に理解できないレベルにまで落ちているのだとか。

読解力はなにも国語の成績だけにつながるものではなく,すべての教科に必要な最も基本となる能力です。そもそも読解力がなければ教科書も読めない,試験の問題も理解できない,勉強にならないわけで,それで成績なんてあがるはずがありません。

そしてもうひとつは算数力です。
そんな言葉があるかどうかはわかりませんが,国語と算数は基本の基本。四則演算から始まって,数学的なものの考え方は将来理系に進むかどうかはさておいても,必ず必要になってくる力です。どうやら調べてみると,数学的な力というのは,単なる計算能力だけを指すわけではなく,論理的思考力から,分析力,立体や平面のような概念を理解する力など,おおよそ数学に必要な力すべてを指すようです。

公式website>>ミライデザインラボ安城

読解力と算数力を向上させるには。

算数と国語を教えて欲しいというご要望にお応えするかたちで,週1回コースを設置します。
学校の授業が難しくなってきたみんなのためにナイスフォローしちゃいます!

読解力の向上のために,ラボでは「論理エンジン」を採用しています。
『論理エンジン』とは、単なる国語の教材ではありません。すべての教科の土台となる言語力、論理力を鍛えるための、画期的な言語プログラムです。思考のプロセスから答えに至るまでの道筋を徹底的に重視した教材となっています。

論理エンジン公式web(論理.jp)>>https://ronri.jp/about/engine/

そもそも「論理」とは,つきつめれば言葉の使い方であるともいえます。理解するだけでなく,習熟するまでトレーニングを積まなければ,期待した効果を得ることは難しいでしょう。『論理エンジン』には,「論理」を使いこなせるようにするためのしくみが取り入れられています。

そして,これから時代の要求する学力は,旧態依然の学力観からさらなる「21世紀型学力」へとがらりと変貌をとげていきます。新学習指導要領での新科目『論理国語』をはじめとする,従来型の知識偏重の学力ではなく,知識を使いこなすための「思考力」「判断力」「表現力」が求められます。しかしそういった能力を習得するには,基礎となる「論理力」こそが,学力を構築するうえで不可欠のものとなるのです。まさに『論理エンジン』で培った能力が,新しい時代を切り開く力となるのです。

算数では,名テキストと名高いフォレスタシリーズを採用し,個々の理解度に応じて進めていきます。
まずは自分で考えてみる。次にヒントをもらって考える。それでもわからなければ答えを先生といっしょに考える。でもやっぱり最後は自分でひととおりおさらいをする。

そういう当たり前のことが,当たり前にできるようになることこそ,算数力を身につける最初の一歩なのです。

小学生で勉強が苦手…という子どもたちの多くは
実は「問題が読めていない」のです。

算数,理科,社会,英語,どれも読解力なしでは問題は解けません。それもそのはず。小学校のテストでなかなか良い点数がとれない子どもたちの多くは,そもそも問題をしっかりと読めません。読みません。読みたくありません。

問題を一字一句しっかりと読むことができて,その内容がきちんと理解できれば,何を聞かれていて,何を答えれば良いのかわかれば,どの教科の成績もきっとあがるでしょう!

それぐらい読解力は大事です。
論理エンジンを続けていくと,なんと不思議なことに国語の成績よりも他教科の成績が先にあがります。算数だって理科だって先生がお話してくれること,本当はみんなわかっているのです。でも教科書やテストに書かれていることを読むのが苦手で,何を聞かれていて,どう答えたらいいのか?を正確に読み取れていない…だけのこともたくさんあるんですね。

小学生 学習コース

個別学習コースは,1クラス8名定員。
週1回 60分-80分 (60分×1教科 or 40分×2教科)
それぞれの理解度や学習進度によって個別に指導します。
まずは学校の授業がわかるように。そして,ある程度授業がわかっているひとにはもうちょっとだけ難しい問題をやってもらおうかな。

小学校2年生以上が適切です。
論理エンジンと算数を行います。
算数はラボで学んだ内容を定着させるために演習問題を宿題として課しますので,自宅での学習習慣が身につきます。

小学校のうちから毎日少しずつでも学習するクセをつけておくと,中学にあがってから苦労がすくなくてすむかな。算数がわかるようになったら,学校の授業ももっと楽しくなるかな。4年生を過ぎた頃から算数が少し難しくなってきたよね。私は本を読んだりするのが苦手かも。なんてみんなラボに集まれ!

みんなの苦手克服をラボは応援します!

公式website>>ミライデザインラボ安城

小学生プログラミング教室>>QUREO

学習塾 を新しいカタチへ。

教育がもっと自由になって欲しい
人材育成というカテゴリにどっぷりとハマって以来,「育てる」という言葉は必ずしもアクティブではなく,ひたすらに信じて待ち続けるというパッシブでいてその実,超アクティブな行為を含んでいることを実感せずにはいられません。

ひとを育てることはできません。
ひとは勝手に思い思いに育つのです。僕らができるのはせいぜいそのお手伝いぐらいなのです。
もしもいつか僕が「私はラボの子どもたちを育てている」と実感するとしたら,それはたぶんエゴと傲慢と慢心の所産ではなかろうかと思うのです。

ミライデザインラボ安城は学習塾の新しいカタチを探しています。

ラボはまだまだ未完成なので,もしもご要望や,もう少しこんなだったら良いのにな,こんなふうにならないかな,と思うことがあればぜひ相談してください。
ラボは自由で多様な学習塾を目指しています。みなさんの要望やアイディアにどんどん応えていきたいと考えています。ちょっとした雑談でもOKですので,なんでもご相談ください!!

親と子のコーチングのご相談はこちらまで。

ミライデザインラボでは親と子のコーチングにまつわるご相談を受け付けています。
コーチングに興味があるかた,子育てに必要なコーチング的な関わり方を知りたいかた,お子さんとの関係にお困りのかた,お気軽にご相談ください。

無料メール相談室:
メール相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
support@mdlanjo.jp

LINE相談もできます。友だち登録してからメッセージをお送りください。

友だち追加

< ブログ一覧ページに戻る

上矢印